FC2ブログ

 あへっど。

 ぽぽいのがいいならにゅううううううううううううううううう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターのネックを削ってその他諸々も弄ったよ


ちょっと間が空いてしまいましたが前回の続きをどうぞ!







”mst-600 音”とかの検索ワードでたどり着いた人もいるようなので、ちょっと詳しめに書いてみますよ? 

110816 mst-600ネック削る前01
初っ端からわかり辛い写真ですが、削る前のネックでございます。
指板の裏からとった写真なんだけども、
黒い部分が邪魔でフィンガリングとやらがしづらいというか、手に当たって痛かったりしたんですな。



110816 mst-600d
前回の写真の使いまわしでございます。
気が付いたらネックを削ってるときの写真を撮り忘れてました。


ネックを削るのに使った道具は
・たぶん80番くらいのサンドペーパー(紙やすりってやつですな)
・240番のサンドペーパー
・400番のサンドペーパー
・800番の耐水ペーパー
・1200番の耐水ペーパー
・平らな板(サンドペーパーを巻きつけて使います)
・雑巾(いらない布ならなんでもよさそう)
・ノギス(どれくらい削るかの目安)
・ラッカー(ニトロセルロース系のスプレーのやつ)
・マスキングテープ(100円ショップのやつを使ったけど、3日後に剥がしてみたら指板に糊がべったり)





サンドペーパーは目が粗い順に使ってネックを削ります。
1.塗装を剥がす(80番)
2.木の地肌?が見えてきたら、平らな板に巻きつけたサンドペーパーで少しずつ削っていく(80番→240番)
3.丁度いいと思うくらいまで削れたら、目の細かいサンドペーパーで整えていく(400番)
4.ネックを握ったり、手をスライドさてみてすべりが良くなってきたなと思ったら仕上げ(800番)
5.ラッカー塗装をして、表面を磨き上げて完成。(1200番)

削りカスをふき取りながら、
・削り残しがないか
・ネックはまっすぐに削れているか
を確認。
納得いくようなら塗装に移ります。



塗装といってもラッカーを吹くだけでございます。
マスキングテープで指板を保護しておきましょう。
薄く、薄く、すごく薄く吹き付けるといいです。
綺麗に吹き付けるコツは、スプレーしつつ対象に近づくことと、同じ場所ばかりでなく全体に吹き付けるようにするといいかもしれない。
大体2時間おきに吹き付けて、3回吹き付けたら半日乾かすという感じで2日間。
夏場なら1時間くらいでもいいらしいけど、重ね塗りしたんで長めに乾燥させてみましたええ。
充分乾いたと思ったら、1200番の耐水ペーパーで軽く磨いて完成。

※ここで注意して欲しいのが、ネックのフィニッシュ方法。
ラッカーなどで塗装したものをサンドペーパーなどで削ってサラサラ感を出すのはサテンフィニッシュです(mst-600は元々サテンフィニッシュだったみたい。)
ストラトなんかは専用のポリッシュで磨いたほうがいいと思います。
オイルフィニッシュとかいうのもあるらしいけど、自分でやるには難易度が高そうですな。





110820 mst-600 ネックポケット1
ついでにネックポケットも綺麗にしてみたり。
110820 mst-600 ネックポケット2



110816 mst-600ネック削る前01
これが
110816 mst-600ネック削った後
こうなりました。
まあ気分の問題ですな。



ラッカーの重ね塗りの時間を考えなければ3時間くらいで削り終わりました。
ギターも改造も初心者なので慎重にやったけど、思ったより時間はかからなかったです。
長くなったので続きは次回!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://loverock.blog11.fc2.com/tb.php/273-91e7f5d7

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

      

Appendix

roku

roku

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。